2009年7月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:12 Jul 13 2009

中国、資源税改革が実施間近

 国務院が5月25日に承認した国家発展改革委員会の『2009年経済体制改革の深化に関する意見』で、時期を見て資源税改革を実施することが明示された。

 財政部が6月17日に主催した2009年両大会(全人代・全国政協)の資源税改革案の処理に関する座談会で、財政部の王軍副部長は、「資源税改革案を今年の提案処理の重点とする」と述べた。

 長い間保留されてきた資源税改革がこの頃、再び取りざたされるようになっている。関係者によると、資源税改革案はすでに全国人民代表大会法律工作委員会に報告され、改革関連作業のスタートを待っている段階だという。このような大きな税制改革については、全国人民代表大会法律工作委員会が草案を国務院に報告し、上層部が時期を見て承認する運びとなる。

 王軍副部長は6月17日、景気回復に伴い、資源税改革も差し迫った課題となっていると述べた。同会議ではまた、資源税改革に関する構想も打ち出されている。資源税徴収範囲の拡大、徴収方式の改革、税負担水準の引き上げ、資源税徴収と関連費用徴収との統一などがその主な内容となっている。

 中央財経大学税務学院の劉桓副院長の話によると、現在、中国の資源税税目には主に原油、石炭、天然ガス、その他の非金属原鉱、鉄金属原鉱、非鉄金属原鉱、塩などがある。この7つの税目は、すでに判明している鉱物資源の大部分をカバーしているものの、まだ多くの自然資源が含まれていない。例えば水資源、金、地熱資源、森林資源などがそうである。今回の資源税改革案で税目が増やされるかどうかに関心が集まっている。

 「チャイナネット」 2009年7月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古