2009年7月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:44 Jul 23 2009

新疆農民の平均収入、西北5省の首位に

 社会科学文献出版社が11日に北京で発表した「西部青書 中国西部経済発展報告(2009)」で、西北5省・自治区の間で農民の平均収入の格差が大きいことがわかった。最も高い新疆と最も低い甘粛とでは854元の開きがあった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 青書によると、1999年に西部大開発戦略が始まって以来、新疆は経済・社会の発展において著しい成果を収めた。域内総生産は1999年から2007年にかけ、1168億5500万元から3523億1600万元へと増加し、毎年平均14.8%の伸びをみせた。地方財政の一般予算収入は71億3100万元から285億9000万元へ、社会全体の固定資産投資総額は534億6500万元から1850億8000万元へ、消費品小売総額は347億4100万元から847億7000万元に増加。都市部住民の可処分所得は5320元から1313.4元へと1.94倍に増えた。

 西部大開発戦略の実施以降、新疆経済の実力は見違えるほど強化された。インフラ建設で重大な発展を遂げ、国民経済メカニズムで戦略的な調整を行い、特色ある産業が急速に興り、かつてないほど最高の発展と安定の時期を迎えている。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年7月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古