2009年7月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:53 Jul 15 2009

中国のオフィスソフト、日本ではマイクロソフトに次ぐシェア

 中国の有名ソフト会社・金山軟件(日本名:キングソフト)社製の、20年以上の歴史を持つオフィスソフト「Kingsoft Office」が、日本最大のインターネットショッピングモール「楽天」が発表した「2009年上半期楽天MVP大賞(オフィスソフト部門)」を獲得した。金山軟件が日本でまた成果を上げた。「証券日報」が伝えた。

 「WPS Office」の日本語版「Kingsoft Office」は05年に日本で発表され、09年現在、日本国内ではマイクロソフトに次ぐ第2のシェアを誇り、さらに9割近くの中古パソコン市場を占める。日本の2割近くのネットカフェパソコンに「Kingsoft Office」がインストールされており、日本をリードするPCメーカーであるエプソンはユーザーに、「Kingsoft Office」のインストールを全力で推奨している。このほか「Kingsoft Office」は、日本のBTOパソコンメーカー大手5社とも協力関係にある。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年7月15日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古