2009年7月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:52 Jul 15 2009

大連、中国最大の国際エネルギー港を建設へ

 中国国務院はこのほど、「遼寧沿海経済ベルト発展計画」を検討し、原則的に通過した。この計画により大連市は、北東アジアの重要な国際水上運輸センターとなる。大連市政府は14日、遼寧省沿海の経済ベルトが国家戦略に盛り込まれるという千載一遇のチャンスをつかみ、中国最大の、世界にも影響を与える国際エネルギー港を建設する方針を示した。 「中国新聞社」が伝えた。

 100年余りの発展を経て大連港は現在、国際航路が25本、世界160カ国・地域以上の300余りの港湾と貿易往来がある。北東地域最大の貨物中継港として発展しつつあり、中国北部最大の総合港湾のひとつでもある。

 石油製品を取り扱う大連新港のふ頭はすでに中継や分配の規模においてその強みを発揮し始めている。新港エリアには30万トン級(50万トン級も兼ねる)の原油を取り扱えるふ頭が新たに建設中で、今後石油製品の取り扱い能力が更に高まることになる。政府の推計によると、2010年には石油および石油製品が取り扱い量は7000万トンから8000万トンに達する見通し。

 大連には保税港区、保税区、輸出化工区など特殊経済区があり、大窑湾保税港区は税関、物流、加工、展示の四大機能を備えている。特殊な政策機能が、国際エネルギー港を建設しようとする大連の強力な支えとなり、原油と石油製品の保管・中継などに、より自由で便利でスムーズな運営環境を提供している。

 大連は向こう3-5年で、中国最大かつ世界に影響を与える石油製品の保管・運輸センター、取引センター、分配センターを建設し、北東アジア地域で経済効果が高く、機能が優れ、取引が活発な、集約化、産業化、国際化のレベルが高い国際エネルギー港へと成長する構想だ。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年7月15日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古