2009年7月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:46 Jul 23 2009

中国の外貨準備高が2兆ドル突破 日本の2倍に

 中国人民銀行(中央銀行)が15日公表した金融データによると、ここ数カ月の急増により、中国の外貨準備高が今年6月末時点で2兆ドルの大台を突破し、前年同期比17.84%増の2兆1316億ドルに達した。中国の外貨準備高はこの半年で1856億ドル増加したが、前年同期に比べると増加幅は950億ドル少なかった。人民日報系の北京紙「京華時報」が伝えた。

 中国の外貨準備高は06年2月に日本を抜き、世界一となった。現在、すでに日本の2倍になる。

 第1・四半期の増加ペースは緩やかだったものの、第2・四半期に入ってその局面が変わった。データによると、第2・四半期の3カ月で、それぞれ552億ドル、806億ドル、421億ドル増加した。

 第2・四半期に増加ペースが速まった理由はどこにあるのか?これについて専門家は、短期的に国際資本の流入が増加していることや、貿易黒字、ユーロの値上がりの予測効果、海外直接投資(FDI)の流入などをあげている。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年7月16日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古