2009年7月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:48 Jul 23 2009

中国株式市場の時価総額、日本を抜き世界第2位に

 英紙「ファイナンシャル・タイムズ」は金融情報プロバイダ・ブルームバーグL.P.のデータを引用し、中国の上場企業の時価総額が15日の時点で3兆2100億ドルに達したと伝えた。日本は3兆2000億ドル。08年1月以来、初めて日本を抜いた。 中国新聞網が伝えた。

 ドルで計算すると、中国株式市場は日本を抜き、時価総額が世界第2位になった。急成長する経済体への投資が増えたためとみられる。

 上海と深センの両株式市場は今年に入ってそれぞれ75%と95%上昇。中国政府が打ち出した5900億ドルの刺激策が奏功し、その効果は第2・四半期の経済にも反映され、成長率が7.9%と予測を大きく上回った。中国の両株式市場はいずれも今年世界で最も好調だったといえる。

 一方で、日経平均株価指数は今年5.47%の伸びに留まった。成熟した経済体である日本は、世界的な経済衰退の影響をもろに受け、成長の動力となる輸出が痛手を受けるとともに、海外の投資家が数多く撤退した。日本の株式市場は今年3月に26年ぶりの最安値をつけてから、やや反発したもの、1989年につけた最高値の4分の3にまで落ち込んでいる。

 香港上海銀行(HSBC)の中国市場担当ストラテジスト、スティーブン・スン氏は「中国経済の実力が高まるにつれ、(人民元建ての)A株市場がアジアを先行する証券市場となっていく。今年の世界ランキングで中国経済が日本を抜かなかったとしても、2010年には中国は日本を抜いて世界第2位に踊り出る」と指摘する。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年7月17日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古