2009年7月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:08 Jul 21 2009

人民元レート改革から4年、対ドルレート20%上昇

 人民元レート形成メカニズムの改革が行われてから、21日で丸4年目を迎える。05年7月21日当時に比べ、人民元対ドルレートの累計上昇幅は21%に達した。しかし注目に値するのは、人民元の上昇は多くが今年以前に発生し、人民元の実質実効為替レートは今年に入って4.41%下がっているということだ。「新京報」が伝えた。

 ▽人民元対ポンド上昇が最高

 05年7月21日、中国人民銀行(中央銀行)は市場の需給を土台とし、通貨バスケット制を参考に調整を行う、管理された変動相場制度を実施すると宣言。人民元レートの「波動の時代」が始まった。しかし初期の段階では、人民元レートは探り程度の小幅な変動しかなく、06年5月に対ドルレート基準値がようやく8元を突破し、最初の1年の人民元対ドルレート上昇幅は1.5%にとどまった。

 流動性の拡大と貿易黒字により、外貨貯蓄が次々と新記録を更新する中、人民元レートは07年に5.5%、08年に10.9%と一気に上昇。それに伴い、人民元レートの動きも活発になってきた。

 20日の仲値で計算すると、4年間で人民元は対ドルで21.14%、対ユーロで3.4%、対円で1.16%、対香港ドルで20.66%、対ポンドで33%上昇した。人民元の上昇で最も直接的な影響が見られたのは、人々の懐は暖かくなり、1年間の英国留学にかかる学費が4年前よりも3分の1近く節約できるようになったことだ。

 ▽人民元は来年には再び上昇傾向に

 金融危機が爆発して以来、人民元レートが一方的に上昇することはなくなった。今年に入って人民元の対ドル、対香港ドルレートはほぼ変動がなく、半年で25ベーシスポイントと35ベーシスポイントの上昇にとどまり、上昇幅はいずれも0.04%だった。対ユーロと対ポンドレートは下落傾向にあり、それぞれ0.05%と13.2%下落した。

 実質実効為替レートは、名目為替レートをベースにインフレが通貨本来の価値に与える変動影響を省くことで、本国通貨の対外価値と相対的な購買力を総合的に反映することができる。

 今年上半期の中国の輸出は前年同期比21.8%減で、減少率がここ数年で最大となった。フランスのインドシナ銀行による最新の研究報告によると、このまま輸出の低迷が続けば、中央銀行が望まずとも、人民元は今年末から来年にかけて再び上昇し、来年末には1ドル6.5元に達するとの見方を示す。英スタンダードチャータード銀行の中国担当エコノミスト・王志浩氏も、中国経済の成長ペースが8%台に安定すれば、人民元は上昇を続け、従来の計画を再開できると指摘する。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年7月21日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古