2009年7月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:09 Jul 24 2009

中国、世界最大のエレベーター市場に 日立の上海工場開設

 日立エレベーターの中国第三の製造基地が23日、上海で開業した。金融危機の下、中国エレベーター市場で第二の地位を誇るエレベーターメーカーがシェア拡大への歩みを進めている。「中国新聞網」が伝えた。

 関連データによると、住宅市場の変化に伴い、中国はすでに、世界で規模が最も大きく成長が最も速いエレベーター市場となった。中国のエレベーター生産台数は07年に21万6千台に達し、世界全体の半数を超え、エレベーター生産能力は世界一となった。08年の生産台数は25万台に達している。使用中のエレベーターは100万台を突破し、世界のエレベーター産業の発展の記録を塗り替えた。

 「08?09中国エレベーター市場研究報告」によると、中国エレベーター市場は08年から10年まで20%の成長率を維持し、年間販売額は少なくとも平均500億ドルにのぼる見込みだ。

 日立エレベーター(中国)の高橋秀明・董事長によると、中国のエレベーター市場は金融危機でわずかに縮小しているものの、中国の不動産市場が活況であることから、まもなく成長に転ずる見込みだ。

 上海の工場の完成に伴い、日立エレベーターの中国展開は、本部1カ所(広州)、研究開発センター2カ所(広州、上海)、製造基地3カ所(広州、天津、上海)という局面を形成した。同社の製造とサービスのネットワークは、珠江デルタ・長江デルタ・環渤海という中国で最も発達した3地区をカバーしている。

 中国エレベーター協会の任天笑・理事長によると、中国経済は金融危機にあっても着実な成長を維持しており、多くのグローバル企業に新たな発展のチャンスを与えている。中国の都市化の需要はますます拡大しており、エレベーター市場には大きな発展の可能性がある。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年7月24日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第26号)2010年上海万博 日本国家館「紫蚕島」にぜひ、いらしてください(2)
2010年上海万博
【特集】上半期のマクロ経済データnew
【特集】日本衆院解散・総選挙へnew
【特集】胡主席がイタリアを訪問
【特集】中日経済力の比較分析
【特集】胡主席がSCOとBRICs会議に出席

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古