2009年7月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:45 Jul 30 2009

中国のエネルギー資源の未来に暗雲 新エネルギーの開発を

 「中国エネルギー発展報告(2009)」(エネルギー青書)が28日、社会科学文献出版社によって正式に発表された。青書によると、中国のエネルギー供給の将来には大きな不安があり、代替エネルギーを探して新エネルギーと再生可能エネルギーを発展させることは中国にとって必然的な選択となっている。「中国新聞網」が伝えた。

 青書によると、中国のエネルギー供給に不安があるのは、エネルギー資源の総量が少なく、一人当たりの保有量が低いためだ。中国エネルギー資源の総量は世界の約1割にとどまり、一人当たりの資源量は世界平均レベルの40%にすぎない。

 もう一つの不安要因は、中国に良質な資源が少なく、可採年数も短いことだ。青書によると、中国に残る石炭資源の可採年数は100年に満たない。石油の可採年数は15年足らずで、天然ガスの可採年数も30年未満だ。これに対し、世界の平均レベルは、それぞれ230年・45年・61年となっている。さらに青書によると、これらのエネルギーの可採年数は、中国の現在のエネルギー消費量に基づいて計算されたもの。2020年の予測エネルギー需要で計算すれば、これらの可採年数はさらに30年・5年・10年にまで下がる。

 従来型のエネルギーで中国経済の発展を支えることはできない。青書はこれに対し、中国は代替エネルギーを探し、新エネルギーと再生可能エネルギーを発展させるべきだと呼びかけている。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年7月29日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第26号)2010年上海万博 日本国家館「紫蚕島」にぜひ、いらしてください(2)
2010年上海万博
【特集】第1回中米戦略・経済対話(S&ED)new
【特集】上半期のマクロ経済データ
【特集】日本衆院解散・総選挙へnew
【特集】胡主席がイタリアを訪問
【特集】中日経済力の比較分析

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古