2009年7月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:17 Jul 29 2009

山西省GDP、全国で唯一のマイナス成長

 山西省統計局がこのほど発表した上半期の経済データによると、同省の上半期のGDPは前年同期からマイナス成長となった。だが山西省統計局の 専門家は、「第3四半期の同省GDPがプラス成長に可能性は十分あり、年間成長率8%維持という目標の実現はまだ可能だ」との見方を示している。「中国新聞網」が伝えた。

 統計データによると、山西省の上半期のGDPは3105億9900万元で、前年同期比4.4%減となった。エネルギー資源の豊富な地として知られる山西省だが、全国唯一のマイナス成長省になった。明るい材料は、第1四半期と比べた成長率の回復が3.7ポイントにのぼり、回復幅が全国平均の2.7ポイントを超えたことだ。

 業界関係者によると、山西省は現在、産業構造調整の痛みを経験している。省経済の規模が大幅に下落したのも、石炭企業の再編や閉鎖が主要原因となっている。

 だが統計専門家によると、第2四半期に入ってからの山西省の主要経済指標は、下落をやめて回復に向かっており、前向きな要素が多くなっている。全体的には安定しており、改善傾向も見られる。山西省の経済は昨年9月から急速に低下しており、これと比較した下半期の成長率は大きく高まると予想される。年末の成長率データが8%に達するという目標に達する可能性はまだある。

 統計によると、山西省の工業生産は6月、9カ月ぶりのプラス成長を記録した。これは積極的なシグナルといえる。石炭企業が徐々に生産を回復すれば、山西経済にエンジンがかかることにもなる。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年7月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第26号)2010年上海万博 日本国家館「紫蚕島」にぜひ、いらしてください(2)
2010年上海万博
【特集】第1回中米戦略・経済対話(S&ED)new
【特集】上半期のマクロ経済データ
【特集】日本衆院解散・総選挙へnew
【特集】胡主席がイタリアを訪問
【特集】中日経済力の比較分析

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古