2009年7月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:58 Jul 31 2009

中国で増加する「新貴族」 各都市の傾向

 胡潤研究院は上海でこのほど、北京・上海・杭州・深セン・成都・瀋陽の6都市を対象とした「新貴族消費スタンダード報告」を発表した。「中国新聞網」が伝えた。

 「新貴族スタンダード」とは、各都市の資産家の固定資産総額と消費総額に基づき、新貴族と認定できる消費能力を定めたもの。報告によると、このスタンダードが最も高いのは、資産8700万元以上で初めて新貴族と認められる北京だ。以下は順に、上海、杭州、深セン、成都、瀋陽とされた。

 中国には現在、新貴族と認められる消費能力を持つ人が5万1千人いるという。報告では、各地の資産家の人数や性質が次のようにまとめられた。

 ▽北京

 北京には、1000万元以上の資産を持つ人が14万3000人、1億元以上の資産を持つ人が8800人いる。北京の資産家の特徴は、寛容で懐古的であること。心身を鍛えることや自然回帰に憧れる。

 ▽杭州

 杭州で1000万元以上の資産を持つ人は4万2300人、1億元以上の資産を持つ人は2280人。浙江省の資産家は贅沢(ぜいたく)品の選択がとてもクラシックで、選択にとても自信を持っている。腕時計やジュエリー、名車などを好んで収集する。

 ▽深セン

 深センで1000万元以上の資産を持つ人は4万600人、1億元以上の資産を持つ人は2760人。深センの資産家は、贅沢品は快適な生活方式を代表するものだと考えている。

 ▽成都

 成都で1000万元以上の資産を持つ人は1万2200人、1億元以上の資産を持つ人は660人。四川省の資産家は実務的で控え目であり、落ち着いた生活を好む。

 ▽瀋陽

 瀋陽で1000万元以上の資産を持つ人は6900人、1億元以上の資産を持つ人は450人。東北地方の資産家はあまり表に出ることなく控え目だが、豪胆な性格の持ち主でもある。投資面では最も保守的であり、金銭は銀行に預けておくのが一番安全だと考えている。

 ▽上海

 上海で1000万元以上の資産を持つ人は11万6000人、1億元以上の資産を持つ人は7000人。上海の資産家の特徴は、理性的で冷静な消費をすること。大勢に従うことはない。生活を享受することも知っており、十分なバカンスを取り、海外旅行にもしばしば出かける。上海の新貴族は一年に750万元を消費する。夫の消費が多く、新車の購入なや慈善活動、コレクションなどへの消費が多い。家庭の消費では、「市街地の高級マンションのほかに上海郊外に別荘を持っている」というケースが少なくない。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年7月31日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第26号)2010年上海万博 日本国家館「紫蚕島」にぜひ、いらしてください(2)
2010年上海万博
【特集】第1回中米戦略・経済対話(S&ED)new
【特集】上半期のマクロ経済データ
【特集】日本衆院解散・総選挙へnew
【特集】胡主席がイタリアを訪問
【特集】中日経済力の比較分析

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古