2009年7月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:48 Jul 31 2009

中国電気自動車市場 争奪戦の時代へ?

 東風日産乗用車公司の関係者はこのほど広東省広州市で、予定より1年早く、2011年に中国の自動車市場に電気自動車を投入する見込みであることを明らかにした。ここから多国籍自動車企業が新エネルギー自動車市場の「陣取り合戦」を加速させていることがうかがえる。「国際金融報」が伝えた。

 地球の再生不能エネルギーはこれから不足に向かい、環境保護意識が日に日に高まっており、こうしたことを受けて電気自動車を代表とする新エネルギー自動車が世界中であいついで開発されている。ある専門家は、新エネルギー自動車は自動車企業の未来の市場争奪戦における「核兵器」だと指摘する。

 同公司の大谷俊明総経理(社長)は次にように話す。電気自動車を中国市場に投入した後にカギとなるのは価格だ。高ければ普及しないことは確実だ。消費者は環境保護の重要性は認識しているが、あまりに高い価格では受け入れられない。よって電気自動車の普及を推進するには、政府の支援が必要だ。電気自動車の製造で最も大事なのは電池であり、この方面への投資が重要だ。電池の国産化をどのようにして実現するかが、私たちの計画で乗り越えなければならない課題だ。

 別のメディアの報道によると、米ゼネラル・モーターズ(GM)の電気自動車「ボルト」が2011年に中国市場にお目見えする予定だが、同社の破綻・再編の影響を受けて、計画が予定通りにいくかどうかを慎重に見守る必要がある。

 中国国内では多くの専門家が、新エネルギー自動車は歩き出したばかりで、自動車産業の未来の発展方向を代表するものだとの見方を示す。また電気自動車を代表とする新エネルギー車は、中国自動車企業と世界の自動車企業との距離を縮める上で得難いチャンスをもたらすという。世界的に有名なコンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーが行った研究によると、伝統的な自動車産業では中国は世界のトップに数十年の遅れを取っているが、新エネルギー車では西側企業と同じスタートラインに立っている。

 国産電気自動車業界は発展に向けた一定の基礎を備えている。中国では1992年から電気自動車への取り組みが強化され、第10次五カ年計画(2001ー05年)期間には電気自動車をめぐる重大科学技術プロジェクトが立ち上げられた。現在、「比亜迪」や「吉利」といった国産ブランドの自動車企業が新エネルギー車の研究開発を進めており、相応の成果を上げている。

 国内企業であれ多国籍企業であれ、いずれも電気自動車市場の始まりに当たっての課題に直面している。東風汽車有限公司の任勇副総裁(副社長、東風日産公司副総経理を兼任)によると、どのようなビジネスモデルを採用して政府の支援を得るかが、電気自動車の普及推進のカギだ。米国や日本の例をみると、政府の支援と補助金とが、新エネルギー自動車を市場に大規模に投入する上で重要な要因になることがわかる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年7月31日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第26号)2010年上海万博 日本国家館「紫蚕島」にぜひ、いらしてください(2)
2010年上海万博
【特集】第1回中米戦略・経済対話(S&ED)new
【特集】上半期のマクロ経済データ
【特集】日本衆院解散・総選挙へnew
【特集】胡主席がイタリアを訪問
【特集】中日経済力の比較分析

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古