2009年8月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:24 Aug 06 2009

キヤノンの修理センターが南京にオープン 中国で10カ所目

式典であいさつするキャノン(中国)の吉岡達生・副総裁

 キヤノン(中国)直属の修理センターが3日、南京市で正式にオープンした。キヤノンが中国に設けた10カ所目の修理センターとなる。キヤノンは、2カ月の短期間で華東地区に2カ所の修理センターを設立した。杭州・南京・上海3カ所の修理センターによるサービスネットワークを形成し、華東区のユーザーにさらに便利なサービスを提供する。

 キヤノンの修理センターが南京に設けられたことは、南京市と江蘇省の周辺のユーザーにとって朗報となった。この地区のキャノンユーザーはこれまで、修理の必要な製品を上海に送らなければならず、これに1週間前後を費す必要があった。修理期間は今後、これまでの半分にまで縮められる。キャノンはこのほか、キヤノン製品の修理を認可された店舗を江蘇省に数多く持っており、修理センターと合わせて専門的で便利なサービスを消費者に提供していく構えだ。

 キヤノン(中国)の吉岡達生・副総裁は修理センターの開業式典に出席し、キヤノンが今後、サービスネットワーク建設の歩みを計画どおり速めていくことを明らかにした。キヤノンはすでに、北京・上海・広州・成都・杭州・南京などの地に10カ所の修理センターを築いている。さらに2010年までにこの数を25カ所することを中期計画の目標の一つとして設定している。江蘇省の省政府所在地である南京市は、長江デルタ地域の三大都市の一つであり、華東地区で重要な経済的地位を持っている。キヤノンの修理センターが南京に作られたことは、華東区におけるキヤノンのサービスネットワークの整備に大きな役割を果たす見込みだ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年8月4日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古