2009年8月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:19 Aug 07 2009

日本商会事務局長:中小企業に心強いサポートを (2)

 ▽海外投資を助ける窓口

 世界金融危機を受けて、中日両国の輸出額はいずれも低下している。青山氏によると、中日両国の経済は対外依存度が比較的高く、輸出が重要な役割を演じており、世界的な不況は両国経済に一定の影響を与えている。各国経済は復活の兆しを見せ始めているが、日本の中小企業や日本経済は今後しばらく低迷・不振の状況に直面することになりそうだ。「中小企業は、厳しい現状に対応する準備をしておかなければならない」

 中国市場の購買力が上がるにつれ、日本の中国向け輸出も拡大し、両国間の経済貿易協力はますます発展・拡大することになる。青山氏は、中国投資を考える日本の中小企業に対し、事前に十分な理解をしておくことの必要性を呼びかけている。「経済状況は好転しつつあり、投資前の事前準備に手をつける時期が来ている」

 青山氏によると、日本商会は、中小企業の海外投資を支援・指導する窓口だと言える。青山氏は、「中国も同様の中間組織を作り、中小企業の海外投資に支援とサービスを提供し、世界を目指したいという中小企業の夢をかなえてはどうか」と提案した。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年8月7日

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古