2009年8月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:24 Aug 10 2009

レアアース、中国のシェアは87%

 内蒙古自治区包頭市で開かれている「第1回中国包頭・レアアース産業発展フォーラム」によると、中国のレアアース産業は、60年近い技術攻略を通じて、各種の規格・等級の製品を提供できるまでに成長した。「新華網」が伝えた。

 貴重な戦略的資源であるレアアースは、先端化学や軍事工業の分野で幅広く使われている。工業情報化部の苗ウ副部長によると、永久磁石・発光・水素備蓄・触媒などの機能を持つレアアースは現在、設備製造業や新エネルギーなどハイテク産業で欠かせない原材料となっている。中国のレアアース産業の発展と成果は目覚ましく、60年近い技術的な取り組みと発展推進を通じて、中国は、世界最大のレアアースの資源・生産・応用・輸出国となった。

 統計によると、中国でレアアースの開発・分離精製に従事する企業は169社にのぼる。レアアース酸化物やレアアースメタル、レアアース塩類、レアアース合金、レアアース機能素材など400種類・1000規格の製品を生産することができる。高付加価値化や精密化、加工程度や下流応用製品の拡大などを通じて、中国からの輸出は国際市場の87%前後のシェアを誇るようになった。

 工業情報化部の統計によると、レアアースの中国での生産量は08年、昨年比3.5%増の12万5千トンにのぼった。分離精製製品の生産は同比7.1%増の13万5千トン、分離精製製品の輸出は同比23.7%減の3万4600トン。レアアース産業全体の生産高は245億3千万元で、同比14万7100元の減少となった。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年8月10日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古