2009年8月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:57 Aug 14 2009

商務部「米国のWTO提訴が却下されなかったのは遺憾」

 世界貿易機関(WTO)の紛争解決機関は12日、中国と米国の出版物市場参入案に関する専門家チームの報告をWTO加盟国に向けて配布した。商務部の姚堅・報道官はこれについて13日、「出版物・映画・AVソフトの中国による輸入・販売についての米国の訴えを専門家チームが退けなかったのは遺憾だ」とのコメントを出した。商務部のウェブサイトが伝えた。

 姚堅・報道官によると、中国はWTO加盟後、出版物の市場参入に関するWTO協定の義務をきちんと履行している。国外の出版物・映画・AVソフトには中国市場に流通するためのスムーズなルートが確保されている。

 1年余りにわたった専門家チームによる審査中、中国側は専門家チームに対して、出版物・映画・AVソフトの輸入と販売についての中国の法律措置を説明し、中国側の立場と関心事に理解を求めた。

 中国側は今回、WTOの専門家チームが中国側の中心的な関心事を認めたことを称賛すると同時に、米国の訴えを専門家チームが退けなかったことに遺憾の意を示した。

 中国側は今後、専門家チームの裁決報告を真剣に検討する予定。中国側の関心について上訴する可能性も排除していない。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年8月14日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古