2009年8月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:33 Aug 20 2009

広州人の飲食消費、全国平均の4倍超 年間5063元

 広州市経済貿易委員会は19日、広州市の飲食業の売り上げが昨年、前年比23.8%増の515億6100万元に達したことを明らかにした。上海の669億5400万元に次ぐ全国2位につけ、北京の411億元を超えた。広東省の飲食業売り上げに占める割合は4分の1強だった。広州市民の飲食消費額は年間5063元。全国平均の4倍以上に達し、中国の大都市のトップとなった。広州市の夕刊「羊城晩報」が伝えた。

 調査によると、広州市の今年1月から7月までの飲食業売り上げは343億5千万元に達し、昨年同期比19.2%増となった。この増加率は、社会消費品小売総額の増加率を6ポイント上回っている。飲食消費のうち60%余りは、家族単位やレジャーでの飲食といった市民生活に密着した消費が占めた。レストランで食事をしたり、春節や中秋節などの祝日をレストランで過ごしたり、友人とお茶会を開いたりする習慣を持つ家庭は35%以上にのぼった。

 広州市にある美食ストリート(エリア)は建設中のものも含めて25カ所にのぼり、市内の9区と2県級市に分布している。「広州美食園」「白雲大道美食長廊」「東都大世界美食街」などの10カ所は、広州市で最初の美食ストリート(エリア)に認定されている。広州市で営業する飲食店は全部で3万店前後にのぼり、そのうち中華料理や西洋料理を出す一般レストランは約1万2千店、ファストフードやその他の飲食形態を取る店は約1万8千店となっている。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年8月20日 

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古