2009年8月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:59 Aug 28 2009

中国の航空会社が初の破産 東星航空に破産宣告

 武漢市中級人民法院はこのほど、東星航空有限公司の破産と清算を同法院が26日に裁定・宣告したことを発表した。中国の航空会社の破産は東星航空が初めて。

 東星航空有限公司は05年、中国民用航空総局の認可を受けて設立された。登録資本は8000万元。中国で第4社の民間航空会社となった。今年年初までにエアバス9機をリースし、香港と澳門(マカオ)を含む20航路余りでの運行を行っていた。

 東星航空の資金繰りは08年下半期から日増しに深刻化した。3月15日、武漢市政府の申請により、東星航空は運航停止となった。3月30日、武漢市中級人民法院は、ゼネラルエレクトリック商用航空サービス有限公司や天穹航空貿易第一有限公司など6社による東星航空の破産・清算に向けた申請を受理した。

 審査によると、08年12月31日までに、東星航空の資産総額は6億2961万元、負債総額は10億3279万元となり、同社は厳しい債務超過に陥っていた。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年8月28日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古