2009年9月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:50 Sep 02 2009

日立、新たな企業イメージを発表 キャラクターばバク

中国でのイメージキャラクターはバク

 日立(中国)は8月31日から、中国市場での新たな企業イメージ戦略をスタートさせた。中国進出から30年を契機として日立のブランド戦略には大胆な変更がはかられた。新たな戦略のテーマは「万物の調和を行動によって作り出そう」。日立グループの世界戦略である「環境ビジョン2025」と中国での省エネ・環境保護事業とをこのテーマに結び付け、全く新しい企業イメージが打ち出された。

 日立グループの中国市場での企業キャラクターは、夢を食べるという不思議な動物のバク。現存するバクは、前脚は蹄が4本、後脚は蹄が3本という古代の特徴を残す奇蹄目の動物。一方、中国の西漢時代にまとめられた「山海経」には、夢を食べて生きる動物として描かれている。悪夢を持ち去っていくために、人々の安眠を助けるとされた。日立の広告では、汚染物質を吸い取り、きれいで安らかな青い地球を人類に返してくれるというイメージで使われている。このバクのイメージは、省エネ・環境保護を企業の経営方針とする日立グループにぴったりだ。またグリーンとピンクのバクが一緒になったイメージは「陰陽の調和」という思想を表している。万物の調和した社会を象徴し、日立グループの創業精神である「和」「誠」「開拓者精神」のうち「和」を表現する。

 日立グループは、中国の新たな企業イメージの広告デザインに日本の若いアーティストである加藤彩さんを起用した。広告には、美しい構図ときらびやかな色彩、豊かな創造力で、「水」「火」「土」「風」の4つの神秘的で純粋な夢の世界が描かれた。この4つの要素は、中国の省エネ・環境保護事業で日立が重点を置く4分野を代表している。まず、万物の命の源である「水」。日立は、供水・汚水処理から上水・排水処理まで幅広い分野の水処理技術を持ち、水資源に関する全面的なソリューションを人々に提供する。「土」は、地元に根を張った省エネ・環境保護事業を指す。日立は、軌道交通やビルシステム、工場省エネ、熱電供給システムなど多くの分野で進んだ技術と製品を持っており、現地のエネルギー消費を減らし資源を守るのに役立っている。「火」は情熱のシンボルだ。日立は強い情熱をもって、太陽エネルギーや高効率火力発電などの新エネルギー分野を開拓している。夢を空に運ぶ「風」。風力発電や原子力発電などのクリーンエネルギーと温室ガス排出削減技術などの大気汚染防止技術によって、日立は、人類が夢見る空をさらに美しくしている。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年9月2日

日立の新たな企業イメージ広告
水・火・土・風をテーマとした4つの夢の世界
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古