2009年9月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:04 Sep 21 2009

中国銀副総裁「金融危機前の世界には戻れない」

 金融危機が次第に遠ざかっているように思われる。米国経済は今年7月、0.1%のプラス成長に転じ、ウォール街は歓喜の渦につつまれた。だが中国銀行の朱民・副行長(副総裁、博士)は異なる見方をする。朱副行長はこのほど中国・欧州陸家嘴国際金融研究院のゲストとして、第24期中欧陸家嘴金融家サロンに出席した際、「危機は収束にはほど遠い、古い世界は再び戻ってはこない。各界は新たな世界に直面しなければならない」と発言した。「解放日報」が伝えた。

 2008年以来、米国政府は巨大な資源を投入して市場救済をはかり、銀行への取り付け騒ぎを防ぎ、シティグループやAIGなどの金融機関を倒産から救った。銀行業界の共通認識では、今回の危機で銀行業界の損失は3兆2千億ドルに達した。このうち、世界で実際に支出された損失は1兆6千億ドルで、まだ半分に過ぎないが、それでも世界は大混乱に陥っている。世界の銀行の資産を合わせても3兆3100億ドルに過ぎず、1兆6千億ドルの不良債権がまだ処理されていないということは大きい。朱副行長によると、危機がすでに過ぎ去ったとみるのは、無謀な楽観主義で自らを慰めようとすることにほかならない。世界はもはや実体経済の16倍にも相当するバーチャル経済を必要としてはおらず、金融業界も昔に戻ることはなく、金融業界は「てこ入れ」をすべく努力することしかできない。シティバンクの資産規模は2兆2千億ドルだが、今後は分割を余儀なくされる。3年後には資産規模2兆2千億ドルの大型銀行グループから、1兆2千億ドルの銀行に縮小し、中国銀行を下回る規模になる見込みだ。これからのシティバンクはこれまでのシティバンクではなく、昔に戻ることは決してありえない。バンク・オブ・アメリカなどの有名銀行もみな規模が半分ほどに縮小する予定だ。ある統計データによると、米国の銀行の利益上位1千行の利益総額は、2007年の2700億ドルから08年はマイナス910億ドルに激減した。欧州の銀行でも3456億ドルからマイナス162億ドルに減少し、アジアの銀行だけが08年は1460億ドルの黒字を達成した。今後どの銀行がよい銀行になるのかは皆目見当がつかない。

 危機を受けて大幅に落ち込んだ金融業界は、実体経済の回復を心待ちにしている。だが実体経済の回復には長いプロセスが必要だ。朱副行長によると、米国では不動産価格の調整がまだ十分には行われておらず、不動産価格がこれ以上低下するようなことがあれば、銀行の資産も目減りし、新たな危機発生のプロセスが繰り返されることになる。より重要なことは、米国は資産が消費を主導する国だということだ。米国の国内総生産(GDP)の88%は消費の伸びに支えられており、消費の伸びは10%の富裕層が牽引している。金融危機により富裕層の資産は継続的に目減りしており、大量の消費は望めない。資産が継続的に目減りすれば、消費は伸びなくなり、GDPも伸びなくなる。これが米国の情況であり、ひいてはドイツ、日本、中国、韓国といった製造業と輸出を中心とする国に生産能力の過剰という問題をもたらしている。米国を代表とする国はてこ入れの問題に悩んでおり、ドイツや中国などは生産能力の調整問題で悩んでいる。

 それでは、世界はどのような方法で今回の危機を脱するのだろうか。朱副行長によると、世界の発展史を振り返れば、経済危機に対処するには3つの方法しかない。インフレという方法、倒産という方法、公共の支出で個人消費をカバーする方法であり、それぞれドイツ、米国、日本が編み出したやり方だ。今日の世界的な市場救済の方法は、インフレ方式と公共支出方式だが、世界を順調に危機から救い出せるかどうかは、しばらく時間をかけて検証する必要がある。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年9月21日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古