2009年9月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:06 Sep 29 2009

世界経済の成長への牽引力、中国が最大 統計局

 国家統計局が28日に発表した「新中国建国60年シリーズ報告」によると、世界経済の成長に対する中国経済の牽引力は07年に世界トップに立った。「中国新聞網」が伝えた。

 国家統計報告によると、中国の国際的な地位は高まり、国際的な影響力も大きく強まっている。1978年以降、改革開放の不断の深化に伴い、中国の総合的な国力は大きく強まり、国際社会への貢献と影響はますます強まり、世界経済の成長に大きな影響を及ぼしている。

 改革開放後の30年で中国のGDPは16倍余りとなり、世界経済に対する貢献率も大きく高まった。世界経済の成長に対する中国経済の貢献率は、1978年の2.3%から2007年の19.2%へと拡大した。米国を3.5ポイント、ユーロ圏を6.3ポイント、日本を11.7ポイント上回り、世界トップとなっている。

 世界経済の成長率に対する中国の牽引力は1978年には0.1ポイントにすぎなかった。米国の同年の牽引力は1.7ポイントに達していた。中国の牽引力は07年には0.7ポイントにまで高まり、世界トップとなった。

 アジア開発銀行はこのほど、中国GDPの成長率見込みを前回発表より1.2ポイント高め、8.2%とした。中国の経済学者らも、中国経済の成長率8%確保は可能だと考えている。アナリストによると、世界経済の成長率に対する牽引力トップという中国の地位は、ほかのどの国によっても揺れ動くことはない。

 報告によると、中国GDPはここ60年、主要先進国との差を不断に縮小してきた。成長率は世界平均を大きく上回り、中国GDPは世界3位に躍進している。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年9月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古