2009年10月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:13 Oct 09 2009

飛躍する中国高速鉄道 世界トップレベルへ

 日本では高速鉄道の新技術開発が積極的に進められており、新幹線の最高時速は360キロに達する見込みだ。これは現在中国で運行する北京-天津間の高速鉄道・京津都市間高速鉄道の最高時速より10キロ速い。ある鉄道関係者は、中国では今後も引き続き(北京と上海を結ぶ)京滬高速鉄道が国内トップのスピードを保つと述べ、別の業界関係者は、同鉄道の最高時速は380キロに達すると予測する。「人民日報海外版」が伝えた。

 中国の高速鉄道の発展ペースは世界に驚きをもって迎えられている。国際鉄道連合(UIC)高速鉄道局のイグナチオ・バロン局長はこのほどロンドンで、「鉄道建設は隆盛期に入りつつあり、中国は世界のトップランナーになりつつある。世界の鉄道の未来は中国にある」と述べた。

 ▽わずか5年でトップランナーに

 今から1年前、中国国産のCRH3型高速列車「和諧号」が京津高速鉄道を時速394.3キロで走り、新記録を樹立した。その後、同鉄道は350キロという世界最高の運行速度で運営をスタート。米国、英国、日本など約30カ国の政府要人や国際機関の責任者による同鉄道の視察は累計200回を超え、1万人以上が実際に乗車して視察を行った。その結果、中国の高速鉄道は発展の速さ、水準の高さ、投資額の少なさなどが高く評価され、賞賛を受けた。

 京津高速鉄道は中国初の、真の意味での高速鉄道として、登場以来、常に世界のトップを走ってきた。運行速度が世界トップであるだけでなく、高速列車の旅客輸送量でも世界トップを誇る。視察を通じて、中国がわずか5年で先進国が50年かけてたどってきた高速鉄道の発展プロセスを通過したことを知った日本の専門家チームからは、「中国の高速鉄道技術はすでに日本を追い抜いている。これほどの短期間でこれだけの事を為し遂げるとは信じられない」といぶかしむ声すら上がった。

 ▽中国は独自ブランドを創造

 高速鉄道はある国の鉄道の現代化レベルを示すバロメーターであり、国の総合的な実力の象徴でもある。中国の高速鉄道は先進国に40年遅れてスタートし、わずか5年で高速鉄道強国が居並ぶ世界のトップレベルの仲間入りをした。京津鉄道は中国の高速鉄道発展プロセスにおけるほんの「小手調べ」にすぎない。

 京津高速鉄道がうち立てた技術的なプラットフォームを土台として、中国の鉄道は京津高速鉄道の技術的革新の成果を十分に活用し、京滬高速鉄道といった旅客専用路線の重大プロジェクトに依拠しつつ、京滬高速鉄道やその他の旅客専用路線の技術的発展を全面的に推進し、砂利を使用しない軌道、特殊な地質における路床、超大型橋梁、長距離のトンネルといった技術的難関を突破。また総合的運営調整や旅客サービスシステムなどに関する技術の全面的刷新をはかり、システム集積を強化して、世界トップレベルの高速鉄道の総合的プロジェクト技術を備えるに至った。時速350キロを超える新世代高速列車や16両編成の大型高速列車、寝台車を備えた新型高速列車などの研究開発も進められ、これまでに打ち出された一連の高速列車製品は安全性、快適性、環境保護、省エネなどで各方面のニーズに応えるものとなっている。

 鉄道部の張曙光・副総工程師(副チーフエンジニア)は次のように語る。中国が独自開発した国産CRH2-300型およびCRH3型の高速列車は時速が350キロで、シーメンスやアルストムの技術を採用したフランスやドイツの高速鉄道より30キロも速く、運行速度、輸送量、省エネ・環境保護性能、快適性の4指標ではすでに世界1位だ。中国高速鉄道は世界的に評価されており、技術の海外進出の前途は明るい。現在、中国高速鉄道技術に高い関心を示しているのは、米国、インド、そしてブラジルだ。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古