2009年11月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:19 Nov 03 2009

民用航空利用者 今年はのべ2億人超える見込み

 民用航空産業がふたたび高度成長期に入った。今年第3四半期(7-9月)の航空旅客数は前年同期比27.6%増加して、通年ではのべ2億人を超え、中国は世界2位の民用航空大国になる見込みだ。中国民用航空局の李家祥局長が、中華人民共和国の民用航空成立60周年を記念して行われた模範労働者座談会で明らかにした。

 李局長によると、世界的に経済が低迷する中で、中国の民用航空業の発展は異彩を放っている。第一に、今年第1-3四半期(1-9月)の航空旅客数は前年同期比20.6%増加し、特に第3四半期には27.6%も増加し、8月単月の増加率は43.5%に達した。第二に、旅客数の増加とともに、民用航空貨物輸送量も第3四半期以降大幅に増加している。特に第3四半期の国際貨物・郵便輸送量は増加率が12%を超えた。第三に、国際便の旅客数が第3四半期以来、力強い増加傾向を示している。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年11月3日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古