2009年11月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:31 Nov 06 2009

パナソニック、三洋買収が正式に始動

 日米欧および中国政府の条件付き認可を受け、日本の家電大手パナソニックのTOB(株式公開買付け)による電機大手・三洋電機に対する買収が5日、正式に始動した。買収の成功により、パナソニックは家電世界最大手を目指す。「北京晨報」が伝えた。

 パナソニックの大坪文雄社長は、同社の白物家電の省エネ性能および買収後の両社による太陽電池、燃料電池、充電電池などの技術および市場での優位性を生かし、パナソニックの創業100年(2018年)までに、総合エネルギーメーカー、そして世界最大の家電メーカーへの変貌を遂げたいとしている。

 両巨頭による再編により、一部市場で独占発生の可能性があり、市場競争に脅威を与えるとして、パナソニック側の計画は今年3月に完成したものの、日米欧および中国など主要市場の認可待ちとなっていた。

 今回のTOBは来月7日まで続けられる。買収完了後も、三洋側はブランドを引き続き使用し、株式上場も続ける。(編集HT)

 「人民網日本語版」2009年11月6日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古