2009年11月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:28 Nov 13 2009

金融業が北京の筆頭産業に 成長率12.9%

 北京市ではこの5年間に、金融業が年平均12.9%のペースで成長しており、昨年の増加値は1493億5800万元に上り、市の国内総生産(GDP)全体の14.2%を占めた。今年上半期に増加値は856億1千万元で前年同期比22.9%増加し、市のGDPに占める割合は16.13%に達して国内トップとなった。金融業はすでに北京市の戦略的産業、基幹産業、筆頭産業となっている。

 北京市は銀行、証券、保険の三大業界の大・中規模基幹金融機関や国際金融機関の集積地となっている。昨年末現在、市内の営利性金融機関は5165機関に達し、北京で法人登録しているものが641機関で全国トップとなった。銀行業を営む各種金融機関約3500機関のうち、外資系が153機関に上った。保険業を営む各種金融機関81機関のうち、外資系は28機関。証券業を営む各種金融機関16機関のうち、合弁によるものが5機関、ファンド管理会社12社のうち、合弁によるものが5社。先物取引会社は19社だった。

 ある統計によると、北京市の昨年の税収額は5444億元で、うち金融業によるものが1972億元に上り、全体の36.22%を占めた。今年上半期の市の税収額は3639億元で、うち金融業によるものは全体の47.7%を占める1735億8千万元に達した。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年11月11日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古