2009年11月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:44 Nov 18 2009

現代-起亜グループ 中国に第3工場建設へ

 韓国の自動車大手・現代-起亜自動車グループの鄭夢九総裁(社長)はこのほど中国を訪問した際、「中国で年産30万台規模の現代汽車の第3工場建設を推進する」と述べた。「国際金融報」が韓国メディアの報道として伝えた。

 ある関係者によると、北京現代汽車有限公司が既存の第1・第2工場の付近に第3工場の建設する計画を立てており、来年にも工事がスタートする見込みで、現在は地方政府との最終的な交渉段階に入っているという。とはいえ、北京以外の地域で自動車工場を買収して第3工場にする可能性も捨てきれない。

 北京現代の第1・第2工場は北京市の順義区に設置されており、年間生産台数は60万台に達する。起亜自動車の中国での年間平均生産台数は43万台。現代汽車の北京での生産能力が90万台になれば、現代-起亜グループの中国工場での年間生産能力は133万台に達する。また同グループは、2012年をめどに世界全体での生産能力を650万台に引き上げる予定だ。

 中国市場における現代車のブランド価値向上について、鄭総裁は「品質の向上が第一の課題だ。燃費あるいは内部デザインで一般の顧客に多様な選択肢を提供することも重要だ」と話す。

 現代汽車は合弁会社を土台として、中韓双方で総額5億1千万元を投じて中国に研究開発センターを設立した。双方の努力により、「索納塔」を改良した独自開発第1号車「MoInca名馭」が誕生し、毎月平均約6千台という好調な売り上げをみせている。

 現代汽車は中国市場での7年間の試行錯誤を通じて、中国の市場と消費者を十分に理解するようになった。中国市場は世界中のどの自動車市場とも全く異なり、欧米市場に比べ、十分に成熟はしていない。消費者は成熟に向かっているが、まだ十分ではない。日韓市場に比べれば開放的で、世界各地からの自動車製品を受け入れており、市場の階梯が非常に明瞭で、日韓市場のような閉じられた保護的傾向はみられない。

 現代-起亜グループの責任者によると、現代汽車は地域市場と消費者心理とが営業の鍵になると考える。まっさきに投資するのは、販売ネットワークのルート構築だ。北京現代は今年、国内4級・5級市場における経営販売ネットワークの構築に着手。東風悦達起亜汽車も販売ネットワークを大幅に拡張し、これまでの187店舗を270店舗に増やし、1店舗あたりの販売台数を2008年の平均759台から今年は887台に引き上げる計画だ。現代-起亜グループの子会社である現代汽車と起亜汽車の今年1-10月の中国市場での販売台数は、現代汽車が46万台で前年同期比89.3%増加し、起亜汽車が18万台で同55.3%増加した。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年11月18日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古