2009年11月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:20 Nov 19 2009

国家知識産権局、今年707件の特許侵害案件を受理

 「全国外商機関知的財産権保護座談会」が18日、重慶市で開催された。国家知識産権局保護協調司の黄慶司長によると、ここ数年、中国の知的財産権保護には大きな進展がみられ、全国各地の知識産権局は今年1月から9月にかけて専利(特許・実用新案・意匠)権侵害案件707件を受理した。中国新聞網が報じた。

 全国の知的財産権局は法的取締りを強化、踏み込んだ特別行動によって目覚しい効果をあげている。今年1月から9月にかけ、全国で専利侵害案件707件、その他の専利紛争案件26件を受理し、他者の専利盗用6件、専利詐称案件400件を摘発、公安部などの他部門に案件5件を引き渡し、他部門から案件3件を引き継いだ。

 全国各地の知的財産権局は知的財産権の詐称行為を打撃する「雷雨行動」を展開。この行動で専利詐称行為を重点的に打撃し、集団での権利侵害や詐称による権利侵害を有効的に抑制し、摘発効果とその質が高まったほか、行政執法の強みを十分発揮し、各地でもさまざまな法的機関が発足された。例えば、広東省は省と市が50人余りを中国輸出入商品交易会に配置し、大型商品集散センターに対する警戒を強めた。

 このほか、全国各地の知的財産権局は知的財産権の通報・提訴対応を推進しようと、権利保護支援メカニズムの整備に努めている。知的財産権保護支援センターが現時点で全国56カ所に設立され、通報・提訴を受付けるホットライン「12330」番も開通した。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年11月19日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古