2009年11月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:12 Nov 20 2009

大陸部からの台湾観光客が急増 日本に次いで2位

 台湾海峡両岸観光旅遊協会の頼瑟珍会長は19日、雲南省昆明市で開幕した2009年中国国際観光取引会の席で、「今年1--10月、大陸部住民で台湾に旅行した人の数はのべ76万6千人に達し、前年同期比195.93%増加した。大陸部は日本に次いで台湾の2番目の観光客資源市場となっている。現在、台湾の観光客受け入れ能力は大陸部観光客のニーズを十分に満たしている」と述べた。

 同協会が行った調査によると、大陸部観光客の台湾旅行に対する満足度は87%を超えた。

 昨年7月18日に大陸部住民の台湾旅行が正式に解禁された後、魅力にあふれる台湾は大陸部住民の「一番行きたい旅行先」の一つになった。今年8月末現在、両地域間の直行便が定期便化され、1週間の就航便数はチャーター便が主流だった頃の108便から270便に増加し、離着陸地点は27カ所に増えた。また団体旅行の最少催行人数が10人から5人に引き下げられ、ビザ有効期間が10日から15日に延びたなどの好材料に後押しされて、両岸の観光交流がより一層手軽なものになってきた。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年11月20日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古