2009年12月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:01 Dec 01 2009

驚くべき中国の発展 中日協力は新時代に

 13年前に日本のイオングループが青島に小売会社を設立した際、駐車場が絶対に必要とする日本側の主張は理解されず、「車で買物に来る人なんてここにはいない」との声が上がった。それが今や、4000台規模の駐車場でもとても間に合わなくなっている。「中国青年報」が伝えた。

 「中国の発展は驚くべきものだ」。御歳84歳の岡田卓也・イオングループ名誉会長は先日の「第1回中日青年経済リーダー対話ならびに中日企業家サミットフォーラム」で、こう述べた。岡田氏は64年前、早稲田大学を卒業してすぐに家業を継いだ。当時従業員はわずか5人、店舗面積は20平方メートルに過ぎなかった。それが今や、従業員36万人、年間売上高5兆円の大規模な多国籍小売グループに成長した。中国の発展は、岡田氏のような多くの日本の企業家を驚かせた。今年8月に日本が発表した統計では、ほぼすべての日本の製造業が、中国以外の市場でいずれも赤字を計上していた。利益が上がっているのは、中国市場のみなのだ。

 中国社会科学院日本研究所経済研究室の張季風主任(全国日本経済協会秘書長)によると、日本の対中投資は1979年に始り、2009年10月末までにその総額は実質ベースで690億ドルに達した。現在中国で生産・経済活動を行っている日系企業は2万社以上に上る。

 岡田家の家訓に「大黒柱に車をつけよ」とある。つまり、社会変化に常に適応し、企業配置を調整してのみ、継続的な企業発展は可能ということだ。

 「今や、日中協力は新時代を迎えている」。財団法人・日中経済協会の清川佑二理事長は、昨年9月の金融危機と世界的な経済危機の発生以降、現在にいたるまで、世界各国は経済回復に努力しており、「世界は産業文明の転換期という新たな時代に入った」との認識を示す。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古