2009年12月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:15 Dec 07 2009

貴州産茅台酒 来年から13%値上げ

 穀物原料の蒸留酒「白酒」が軒並み値上げしたとみられる昨今、名高いブランド白酒「茅台酒」を生産する貴州茅台酒株式有限公司もこのほど、原材料・補助材料価格の高騰と市場ニーズ、企業の発展戦略ニーズなどの要因を踏まえて、来年1月1日から工場出荷価格を適宜引き上げる予定であることを明らかにした。平均引き上げ幅は約13%になるという。同公司は、この価格調整が来年の業績に一定の影響を与えるとの見方を示している。「上海証券報」が伝えた。

 これにさきだって、白酒産業の他のブランド製品で値上げが相継いでおり、中国四大白酒の一つ「瀘州老窖特曲酒」(四川省)や高級白酒「水井坊」(同)などのメーカーも相継いで価格引き上げを行った。春節(旧正月)の消費ラッシュ期をひかえて、白酒産業の売上がピークを迎えつつあり、最近の値上げの広がりも繁忙期における業界の価格引き上げとみることができる。

 白酒産業の価格引き上げ観測を受けて、株式市場では関連銘柄の株価が大型株を大きく上回っている。11月以来、白酒銘柄の多くが相継いで短期値上がりの記録を更新しており、これに最近の消費財銘柄の上昇傾向が相まって、白酒銘柄が非常に活発な動きをみせている。市場で最もよく話題になるのは白酒銘柄の値上がりであり、先に値上げをした水井坊、瀘州老窖などの関連銘柄は値上げ前後に急騰し、瀘州老窖銘柄は11月から累計30%上昇し、水井坊は約1カ月で30-40%上昇した。

 貴州茅台公司の値上げには他の白酒メーカーの値上げよりも大きな意味がある。ある市場アナリストによると、現在、貴州茅台は今なお深刻な供給不足状態にあり、生産能力の大規模な拡大をはかっている最中だ。よって価格が引き上げられれば、企業の業績も少なからず上昇することになるという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年12月7日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古