2009年12月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:31 Dec 10 2009

中石化と三井化学 フェノール・アセトン事業で提携

 中国石油化工株式有限公司は9日、日本の三井化学株式会社との間で、フェノール・アセトンのプロジェクトをめぐる新規プロジェクトの覚書に調印するとともに、エチレンプロピレンゴム(EPT)プロジェクトの意向書に調印した。両プロジェクトの投資総額は600億円に達する見込みだ。「国際金融報」が伝えた。

 中国石化と三井化学のフェノール・アセトンのプロジェクトは、上海市上海化学工業パークで行われるもので、すでに設立された合弁会社・上海中石化三井化工有限公司(SSMC)を通じて、新たにフェノールの年間生産能力を25万トン、アセトンを15万トン引き上げるための設備を設置するというもの。中石化上海高橋石化分公司の既存設備をSSMCに移転することも予定されている。新装置は2013年の第2四半期(4-6月)に操業を開始する見込みだ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年12月10日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古