2009年12月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:51 Dec 22 2009

中国人が買ったブランド品、世界の4分の1に

 7万元以上のエルメスバーキンのバックを1年前から予約しているのにまだ品切れというセレブもいれば、今年に入って700万元以上の買い物をしたというセレブも・・・。欧米の消費者が財布の紐を締めている時に中国ではブランド品消費で賑わい、世界の4分の1のブランド品を中国人が購入している。曁南大学経済学部の劉金山教授によると、ブランド品消費が中国に広まりつつあるという。広州日報が伝えた。

 「中国は今年、米国に代って世界第二のブランド品消費市場となる」。グッチグループのロバート・ポレットCEOはこう続ける。「昨年は中国内陸部の金持ちだけで世界の4分の1のブランド品を買った」。

 世界の高級ブランドからすると、中国人客は若い上に大きな消費潜在力をもっているといえる。統計データによれば、60%のブランド品は彼らが海外で買ったものだ。主に旅行に行った時にブランド品を買い揃えるのだという。

 「特にヨーロッパへの団体ツアーではほぼ毎回ブランドショップを見て回る要望がある」と旅行会社の副総経理は明かす。「あるお客様は2万ユーロを持ってフランスに行き、帰るときには財布が空っぽになっていました」。

 劉教授は、金融危機で欧米等の国でブランド品消費が縮小するのは必然的なことだとする一方、中国のブランド品消費は今から黄金期に入ると話す。その主な要因として、▽第一に中国にはすでに消費力のある富裕層がおり、品格のある個性的な消費を追求していること▽第二に最初に豊かになった階級の中でブランド品が一種のデモンストレーション効果を発揮し、ホワイトカラーや中小企業の経営者も追いかけるようになり、消費層が広がりつつあること▽第三に現在多くの一人っ子が社会に出て消費概念が変わり、家庭にもその消費概念を支える力があること―をあげた。

 中国のブランド品消費市場の今後について業界関係者は、向こう5年で146億ドルに達し、世界の首位に立つと推測する。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年12月22日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古