2010年1月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:21 Jan 05 2010

金融危機の影響はすでに克服 上海の外資利用4.5%増

 上海市商務委員会の最新の統計によると、上海では09年、外資の実質利用額が前年同期比4.5%増の105憶3800万ドルで、2年連続で100憶ドルを超え、再び史上最高を記録した。

 上海では昨年、新規導入した外資プロジェクトが3090項目、外資利用契約額が133億ドルに達し、5年連続で130億ドル以上を維持している。また、現代サービス業も急速に成長しており、同市の第3次、2次、1次産業における外資利用率は実質ベースでそれぞれ、72.3%、26.9%、0.8%となっている。サービス経済がメインの産業構造がさらに強固なものとなり、金融や物流などの分野で、世界的に有名な企業が次々と上海に進出した。また、上海における外資企業の本部設立も引き続き良好な発展を見せた。09年、上海に本部を置いた企業は79社にのぼり、うち、地域本部が39社、傘型企業が13社、研究開発センターが30社にのぼる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年1月5日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古