2010年1月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:16 Jan 06 2010

新年の株式市場、アジア太平洋各国で好調なスタート

 アジア各国の株式市場は4日、2010年の取引初日を迎えた。日本、韓国、オーストラリアではそれぞれ株価が上昇、好調なスタートをきった。

 日本円の外国為替レート下落など、株価上昇に有利な要素の影響で、東京株式市場の日経平均株価指数は1.03%上昇。ハイテク株と輸出株が総合株価を支える主力株となった。

 同日、東京証券取引所では新しい高速株取引システムの使用が始まった。新システムは取引処理のスピードが1000分の5秒と、これまでの600倍のスピードで、ニューヨークとロンドン証券取引所の処理スピードに近づいた。

 このほか、韓国の株式市場は外国投資家の影響もあり、0.79%の上げ幅で大引けとなった。また、オーストラリアの株式市場もエネルギー株と電気通信株の上昇により、0.3%の小幅上昇となった。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年1月6日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古