2010年1月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:17 Jan 08 2010

中国高速鉄道の営業距離が世界一に

 中国の鉄道営業距離数は、2009年末時点で8万6千キロメートルに達して世界2位となり、また現在までに、旅客専用路線2319キロメートルが完成したことを受けて、高速鉄道営業距離数はすでに世界一となった。

 09年は中国鉄道史上、投資規模が最も大きく、操業規模も最も多かった年だ。通年の鉄道建設投資額は前年比2650億元(79%)増加の6千億元に上り、第9次五カ年計画(1996-2000年)と第10次五カ年計画(2001-2005年)の投資の合計を上回った。一連の重要プロジェクトが完了し、寧波(ニンポー)-台州-温州路線、温州-福州路線、福州-廈門(アモイ)路線などの旅客専用線が相継いで運行をスタートし、特に営業距離世界一、最高時速350キロメートルを誇る武広高速鉄道(武漢-広州)の運行開始は、中国高速鉄道史の新たな里程標となった。武漢や長沙南など新たな旅客駅104カ
所もオープンし、鉄道の現代型ターミナル建設に向けた新たな成果となった。

 鉄道建設の急速な発展と同時に、昨年の鉄道旅客輸送量および鉄道貨物輸送量はいずれも過去最高を更新した。旅客輸送量は15億2500万人に上り、前年比6321万人(4.3%)増加し、貨物輸送量は33億2千万トンに達して、同6113万トン(1.9%)増加した。換算輸送量は3兆3118億600万トンキロで、同233億1700万トンキロ(0.7%)増加した。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年1月8日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古