2010年1月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:15 Jan 12 2010

世界自然遺産・張家界の観光収入、昨年100億元突破

 張家界は昨年、世界金融危機や新型インフルエンザなど観光への打撃に対応するべく数多くの対策を講じ、逆風をものともせず観光客が増加する結果となった。訪れた観光客の数は全市で1900万人を記録、観光総収入は初の100億元を突破し、それぞれ前年比15%と20%の伸びとなった。

 張家界は湖南省の西北部に位置し、中国一の森林公園、世界自然遺産、世界地質公園といったトップクラスのブランド力を有する。

 張家界の旅行業を観光型からリゾート・ビジネス・コンベンションへとモデルチェンジするべく、張家界は昨年、建市20年来の投資総額の6分の1に相当する固定資産投資104億8000万元を行った。荷花空港の拡張工事をはじめ、新駅、電気鉄道など一連の公共建設を相次ぎ完成、スポーツ生態公園など重点となる観光サービス施設も着工や営業を開始した。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年1月12日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古