2010年1月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:14 Jan 25 2010

広告市場規模、5千億元突破 09年

 国内の大手調査会社・CTR市場研究が7年連続で発表している年度広告モニタリング報告によると、2009年の中国広告市場への投資額は前年比13.5%増加し、5千億元の大台を突破して5075億1800万元に達するという大きな成果を上げた。CTRの田濤副総裁(副社長)によると、今年の中国広告市場は10%成長し、成長率は09年を下回る見込みだという。

 広告投資の筆頭投資先であるテレビメディアは、成長率が15%に達して市場全体の平均水準を上回るとともに、他メディアの成長率をも上回った。

 一方、金融危機の影響を受けて、平面メディアの伸びが鈍化し、特に不動産・交通関連の業界で伸びが鈍化した。国の関連政策や重大事件による販売への影響を受けて、屋外広告は減少が止まって増加に転じ、通年で9%の成長率を達成した。

 業界別の広告量をみると、化粧品・浴室用品、商業・サービス業、食品、飲料品、薬品の5大業界で広告量が引き続き増加した。トップは引き続き化粧品・浴室用品業界だったが、増加率は前年を10%下回った。飲料品業界の増加率は52%で各業界のトップに立った。

 ブランド別の広告量をみると、玉蘭油が5%減って2位に後退し、欧莱雅が65%増加して首位に立った。娃哈哈、康師傅は大々的なリニューアルを行い、昨年の飲料業界における広告量の1・2位を占めた。哈薬は6ブランドの入れ替えを行い、「カイ加シン」の広告を大量に流したため、増加率は1774%に達し、カイ加シンは「盖中盖」に変わって広告量の10位に名を連ねた。

 田副総裁は「09年には中国経済が回復し、中国広告市場は予想を上回る好調さを示し、2010年の引き続いての高度成長に向けた基礎固めが行われた。だが広告をめぐる新たな政策の影響により、2010年の広告市場の発展には不確定要因が増えてもいる」と指摘し、今年の発展のキーワードとして「メディアの質」「広告の革新」「市場の移転」をあげた。(編集KS)

 *カイ:「金偏」に「丐」
 *シン:「金偏」に「辛」

 「人民網日本語版」2010年1月25日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古