2010年2月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:22 Feb 04 2010

対外投資のチャンスが増加

 中国経済が益々発展し、企業の実力が強まるに伴い、中国政府は条件のある様々な企業が国際ルールに則って対外投資を展開することを奨励・支援するという「外に打って出る」戦略を打ち出した。「外からの引き入れ」が主な特徴だった対外開放戦略が今、「外からの引き入れ」と「外に打って出る」戦略を結合する方向に転換しつつある。

 ここ数年の努力により、中国企業の対外投資は重要な一歩を踏み出した。金融業を含む中国企業の対外投資額は2002年の27億ドルから2008年には559億ドルに増加、2008年末の時点で中国企業の対外投資額はのべ1840億ドル、対外資産総額は1兆ドルを超え、国外で雇用している外国人社員は46万人にのぼる。

 世界金融危機の影響で、09年の世界の国際投資は08年に比べ約30%激減した。中国政府は余裕ある対応で右肩下がりの状況を有効にくい止め、どの国よりも早く総体的な経済状況の回復を実現した。これにより、世界金融危機による中国への衝撃は軽減され、中国企業の対外投資に有利な条件を与えた。

 中国企業が昨年対外投資で獲得した新たな業績は少なくない。国家発展改革委員会の初期統計によると、一定限度額以上の非金融系企業の対外投資プロジェクトで中国側の協議投資額は490億ドルに達した。中国商務部はこのほど、非金融系企業の対外投資総額は昨年433億ドル、前年比6.5%増で過去最高だったと発表した。

 09年の中国経済の対外投資にみられる重要な特徴として、▽第一に、投資の重点分野はエネルギー・資源・製造業で、中国側の協議投資額の約83%を占めた。鉄・銅・亜鉛などの重要鉱業をはじめ、先進設備の製造や新素材、自動車部品といった業界でいずれも重要な成果をあげたこと▽第二に、中国企業の対外投資の最も重要な方式は買収で、中国側の協議投資額のうち約61%を占め、08年に比べ36ポイント増えたこと▽第三に、中国企業の対外投資提携の経験が豊かになり、グローバル化経営のレベルが徐々に高まった。初期統計によると、08年から09年にかけて大中鉱業投資のうち、平均9回の投資協議で8回は合意に至ったこと--があげられる。

 中国企業の対外投資は中国経済の発展に積極的な役割を発揮するだけでなく、投資対象国の発展にも一定の貢献を果たしている。とりわけ、グローバル経済が苦境に陥り、各国の需要が振るわず、投資が減少し、失業率が上昇する状況下にあって、中国企業の対外投資は関係諸国の雇用拡大、税収増加、経済回復促進に力強い作用をもたらし、グローバル経済の活力の前向きな力となり、投資先から歓迎されている。

 世界金融危機の影響は依然として存在するものの、総体的な傾向は上向きになっている。世界的な範囲で国際投資が今後回復の一途をたどるなか、中国は新たな1年、経済の安定した比較的速い成長を実現するべく努力していくことだろう。こういった背景から考えて、2010年の中国企業の非金融系対外投資は過去最高の480億ドルに達すると予測される。

 中国は工業化、都市化という急成長の時期にあり、数年はエネルギー消費が継続的に増加していく。同時に世界の産業構造調整が深化し、ハイテクで先進的な製造分野への投資が益々増えるため、資源・エネルギー・ハイテク・先進製造業といった分野は今年も中国企業の対外投資の重点となるだろう。中国政府は企業による方針決定、市場運営、メリットの相互補完、協力して共に勝つ(ウィンウィン)という基本原則を堅持し、新たな1年も条件のある企業が互利互恵の対外投資協力を展開していけるよう支援を続けるだろう。

 中国の対外投資は今は国有企業か国有持株企業が中心だが、社会主義市場経済体制の益々の整備に伴い、民間企業の実力も急拡大し、今年は中国企業の対外投資の主体がより多元化した態勢となるだろう。(国家発展改革委員会副主任張暁強氏、編集KA)

 「人民網日本語版」2010年2月4日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古