2010年3月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:11 Mar 29 2010

中国、日本抜き世界2位の製造国に



 中国企業聯合会の王忠禹会長は27日、北京で開催された2010年全国企業管理革新大会で発言し、「2009年に中国の製造業が世界の製造業の生産額全体に占める割合は15.6%に達し、中国は米国に次ぐ世界2位の工業製造国になった。多くの産業や製品の生産量が世界トップレベルにあり、中国は『世界の工場』と呼ばれている。だが中国の製造業は大きくはあるが強くはなく、多くの企業はまだ産業チェーンの低付加価値分野の底辺にとどまっており、生産性のサービスが相対的に立ち後れている」と述べた。

 国際連合工業開発機関(UNIDO)がまとめた統計報告によると、09年の世界の工業生産額全体のうち中国が15.6%を占め、日本は15.4%だった。、米国は19%で引き続き首位を保った。あるデータによると、09年の中国の粗鋼生産量は5億6800万トンで世界全体の47%を占めた。またセメントは16億5千万トンで世界の60%以上を、港湾の貨物取扱量は70億トンで50%以上を、それぞれ占めた。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年3月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古