2010年4月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:40 Apr 28 2010

中央企業の売上高が約50%増加 1-3月


 国務院の国有資産監督管理委員会(国資委)が16日発表したデータによると、今年1-3月の中央企業(中央政府直属の国有企業)の利益は累計2308億7千万元に達し、前年同期比93%増加した。

 ある統計によると、同期の中央企業の売上高は3兆5302億6千万元で同49.7%増加し、増加率は1-2月を2.4ポイント下回った。利益は2308億7千万元で同1114億7千万元増加し、納税額は3050億6千万元で同35.8%増加した。

 国資委研究センター所属の専門家によると、中央企業の主要経営収益指標が前年同期に比べて大きく伸びたのは、前年同期の数値が低かったことが主な原因だ。全体的にみて、中央企業の生産経営は安定的な運営状態を保っている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年4月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古