2010年5月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:38 May 20 2010

中国大陸部、アジア太平洋で最も楽観的な市場のひとつに


 マスターカードが19日発表した今後半年(7-12月)の「消費者信頼度指数」に関する調査報告によると、アジア太平洋地域の消費者は楽観的で、14のアジア太平洋市場のうち、8市場の消費者が将来に自信を示した。地域市場の信頼度指数も半年前の66.3から69.1へと上昇した。

 一方、中国大陸部の消費者の信頼度指数は半年前の85.3から83.0とやや下がった。しかし同報告では、中国大陸部の消費者の信頼度指数はそれでもベトナムやシンガポールに次いでアジア太平洋の他の地域より高いと指摘。今回の信頼度指数低下の主な理由として株式市場、経済、生活の質に対する信頼度が半年前より下がったことをあげた。

 年齢別に分析すると、中国大陸部では30歳以上より30歳以下の消費者の信頼度指数が高かった。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年5月20日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古