2010年5月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:07 May 20 2010

上海万博 「Made in China」への啓発 

 上海万博園は、各民族が文化の真髄を一挙に紹介する舞台であるだけでなく、各国の先端製造技術を披露する「競技場」でもある。これら世界に名を馳せる製造国の中でも、現在経済発展方式の転換を勢いよく加速している中国の製造から間違いなく多くの豊富な経験を汲み取ることができる。国際金融報が伝えた。

 (1)伝統技術の融合

 イタリアは現在、世界のぜいたく品生産大国として知られる。「Made in Italy」と記された服や革靴、自動車はどうして他の商品よりも高いのか?上海万博イタリア館の館長は「その答えは、イタリアの製品が常に最新技術と伝統工芸の融合を強調しているからだ」との見方を示す。

 今回イタリア館では世界的に名を馳せるイタリアの伝統手工芸工房をそのまま展示した。参観客はフェルガモの靴、クレモナのバイオリン、ソファなどイタリアの伝統工芸が誕生した過程を直に目にすることができる。

 世界での影響力が増す「Made in China」について、館長は「価格面での有利さがかつてはカギだったが、半製品の加工を足がかかりに今ではハイテク面でも世界の注目を集めている」とし、「中国は発展の過程で外国の経験を吸収し、自身の不足を改善することを非常に重視している。Made in Chinaは今後価格面だけでなく、品質面でも大きく進歩すると期待している」と語った。

 (2)厳格な品質管理の構築

 万博ドイツ館の「資料室」と「工場エリア」には、スマート洗濯機と簡単で実用的な多機能ハンマードリルが展示されている。生活から工業のあらゆる面でドイツ製品は活躍している。さらに細かくそのブランドを見ると、世界に誇る大企業から着実な経営を展開する小企業まで、「Made in Germany」は万博でその活気ある全貌を現している。ドイツ館広報部のコンラディ氏によると、厳格な品質管理システムがドイツ製にとって最も重要だという。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古