2010年6月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:54 Jun 04 2010

淘宝とヤフーが提携、世界最大の通販サイトに

阿里巴巴(アリババ)CEOの馬雲氏(右)とソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏(左)。

 中国インターネット通信販売最大手の淘宝(タオバオ)と、日本インターネット最大手のヤフーが6月1日、互いの運営する通販サイトの商品を相互に購入できるサービスを開始したことについて、淘宝を傘下に持つ阿里巴巴(アリババ)グループCEO(最高経営責任者)の馬雲氏と、ヤフーを傘下に持つソフトバンク・グループ代表取締役社長の孫正義氏は同日夜、東京都内で合同記者会見を開いた。

 両社の業務提携が実現したことで、中国の消費者は淘宝網に新設されたサイト「淘日本(タオジャパン)」で日本の商品を購入することができ、同様に日本の消費者はヤフーのポータルサイトに開設された新サイト「Yahoo!チャイナモール」で中国の商品が購入可能となっている。

 孫氏は「今回の提携により、世界最大のeコマース市場が誕生する。中国と日本を一つの経済圏に作り上げ、日中両国民にコストパフォーマンスの高い商品を提供していく」と自信を見せた。

 馬氏は「現在のところ、商品ページの記載内容は機械翻訳で変換して表示するので、もしかすると分かりづらいところもあるかもしれない。ただ、この方が理解力を鍛えられる。将来、人間の脳が機械に取って代わられるようなことがあれば恐ろしいことだと思う」と冗談交じりに語った。

 在日本国中国大使館の程永華大使、日本経済産業省の直島正行大臣がそれぞれ挨拶を述べ、淘宝網とヤフーの提携に期待を寄せたほか、淘宝CEOの陸兆禧氏とヤフー代表取締役社長の井上雅博氏が互いのショッピングサイトの使用方法と特徴を説明した。(編集YT)

「人民網日本語版」2010年6月3日

在日本国中国大使 程永華大使
関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古