2010年6月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:42 Jun 23 2010

W杯「ブブゼラ」景気に潜む「中国製」の苦境

 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、サポーターが吹き鳴らすラッパ型の応援グッズが注目を浴びている。この南アフリカの民族楽器「ブブゼラ」(vuvuzela)には、競技場の選手だけでなく、今大会に縁がなかった中国人も元気付けられている。なぜなら、プラスチック製ブブゼラの約90%が実は「メイド・イン・チャイナ」だからだ。中国新聞網が伝えた。

 ブブゼラの音量は最高127デシベルに達し、競技場全体で吹き鳴らす場合、ジェット機が離陸する際のエンジン音よりも大きい。ブブセラはほとんどが中国の浙江省と広東省で生産されている。関連の市場予測によると、中国企業に2千万ドル余りのビジネスチャンスをもたらすと見込まれる。

 「メイド・イン・チャイナ」はブブゼラだけではない。今大会の公式マスコット「ザクミ」のぬいぐるみや携帯ストラップ、キーホルダー、サッカーボール、国旗、ペンライト、帽子など、競技場内は中国製グッズで溢れ返っている。

 しかし中国製グッズの活躍を喜ぶとともに、その影に潜む問題にも目を向けざるを得ない。これら安価な商品は海を渡ると、数倍ひいては数十倍という価格になるが、中国企業が得るのは南アフリカでの販売価格のわずか5%に当たる加工費のみで、大部分の利益は海外の販売業者や輸入業者の懐に入る。

 市場シェアの90%と加工費の5%という2つの数字を簡単に比較することはできないが、この背景にある深刻な不均衡には大いに考えさせられる。「メイド・イン・チャイナ」は永遠にわずかな利益にしか値しないのか。世界産業チェーンにおけるこの苦境をどうすれば打開できるのか。

 中国商務部のデータによると、中国製品のうち世界一を誇るものは現在200種にのぼっているにもかかわらず、国際的な競争力を持つ世界ブランドはほとんどない。輸出製品のうち独自の知的財産権を持つブランドは10%に満たない状況で、ブランドの成長が遅れている。

 中国で相次ぐ賃金引き上げがこのほど、全世界の注目を集めている。金融危機の発生後、中国の製造業は輸出の短期的な減少と賃金の長期的な上昇という客観的なマイナス要因を抱えている。しかし前向きな見方をすれば、これは▽中国製造業の転換・改善▽独自のブランド・知的財産権の確立▽製品の技術水準・付加価値の向上--をはかる絶好の機会だと言える。

 「メイド・イン・チャイナ」を生まれ変わらせること、対外貿易を「大」から「強」へと成長させること、独自の世界ブランドを作り上げることが今後の中国にとって避けては通れない道となる。(編集YT)

 「人民網日本語版」2010年6月22日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古