2010年6月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:15 Jun 23 2010

トヨタ本部「3年で30%値下げ」韓国車に対抗

 世界の自動車産業界での競争の中で、韓国と日本とは常に「コスト削減競争」で互角に戦ってきた。それがこのほど突然、トヨタ本部のトップは「トヨタ車の価格は韓国のライバル社より高いため、2013年をめどに30%の値下げを行い、現代汽車などの韓国車との戦いに備えたい」と表明した。「広州日報」が伝えた。

 値下げという「劇薬」について、トヨタの在中国合弁企業である広州豊田汽車有限公司の責任者は、今は状況把握に務めている段階だが、競争の激化で販売ルートの改革が必要になっていることは間違いないと話す。

 広州市場をながめると、韓国車の価格は軒並み日系車より低い。迷った末に11万元の韓国車を購入したトウさんは「10万元から15万元の車にしようと決めていた。日系車の価格性能比は韓国車ほど高くないと思う。同じ性能だと日系車なら15万元だ。メンテナンス費用はほとんど変わらない」と話す。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年6月22日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古