2010年11月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:55 Nov 18 2010

ビザ緩和で日本への買い物ブーム到来か?

 ビザ緩和で日本への買い物ブーム到来か? 日本への個人旅行ビザの発給要件が7月1日から年収10万元に引き下げられるのを受け、休暇を組み合わせて日本に買い物に出かけようという動きが盛んになっている。中国新聞網が伝えた。

 ショッピングに目がない人たちが最近、国内のショッピング情報サイトや旅行サイトで、日本への買い物三昧ツアーを企画したり、自分が立てた3泊4日のショッピングツアー計画を紹介したり、日本に買い物に行くのに趣味の合う仲間を募集したりしている。

 北京の各旅行社によると、毎年7月と8月は日本旅行のシーズンで、今回のビザ緩和に伴い、団体ではなく個人で旅行に行く人が増える見込み。中国旅行社の担当者も「日本にショッピングに行きたい、または子供連れでディズニーランドに行きたいという個人旅行の問い合わせが最近多くなっている」と話す。ビザの緩和は7月1日からだが、すでに7月のフリーツアーを予約するという人も多い。ビザの手続きには9日程度かかるため、12日以降のフリーツアーに中国旅行社だけで60人近くの予約が入っているという。

 中国青年旅行社日本部の担当者は、「今回の新政策で従来年収25万元程度だった個人旅行のビザ発給要件が10万元に引き下げられた。ちょっと貯金があって、生活のクオリティを求めているホワイトカラーの若者ならこの要件を満たすことができる。一般的にホワイトカラーの若者は購買力が盛んだ。このような人々が日本旅行の新しい主力になるのは目に見えている」と期待を示す。

 このほか、日本のバーゲンシーズンも買い物好きにとっては魅力のひとつだ。これまで香港にショッピングに出かけていた客流が日本に流れる可能性が高い。なぜなら、日本の化粧品は香港より安い上、生産期日が新しく、最新商品が手に入る。一般的に日本で新発売された化粧品は、半年後にようやく香港に出回ることが多い。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年6月24日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古