2010年6月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:01 Jun 25 2010

中央企業、時価総額世界一にしてブランド力なし

 国有資産監督管理委員会(国資委)の李栄融主任は24日行われた中央企業科学技術業務会議に出席した際、中央政府直属の国有企業である中央企業はここ数年、大きな進歩を遂げたが、それは主に中国経済の高度成長に依拠したものだ。多国籍企業と比較すると、中央企業のコア競争力はまだ強いとはいえないし、自主革新力には大きな開きがある。中央企業125社の中には、中国石油天然気集団公司のような時価総額が世界一という企業もあるが、性能で世界一という製品はなく、世界的なブランドと呼びうる製品もない。

 李主任によると、中国はすでに米国に次ぐ世界2位の工業製造大国となり、中央企業は主に製造業に集中している。だが中国企業はローエンドあるいはミドルエンドの製品や産業で国際競争力を備えたに過ぎず、コア製造技術とハイエンド製品の開発能力が欠けているため、産業のハイエンドに上ることはできず、一部の分野では中核となる製造設備をいまだに輸入に頼っているのが現状だ。中央企業が技術の進歩によって発展を求めるというメカニズムはまだ確立しておらず、新たな工業製品を開発する技術は約7割が外からやってきたものだ。

 国資委によると、今後は科学技術型の上場企業で優先的に株式奨励メカニズムを模索し、中関村の国家自主革新モデル地区で条件を満たしたハイテク企業や研究機関から発展した企業を選んで株式配当の分配モデル事業を進め、企業の自主革新能力の構築にプラスとなる長期奨励メカニズムを構築する方針だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年6月25日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古