2010年7月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:41 Jul 16 2010

A株上半期の下げ幅、世界主要株価指数で最大

 米株の急落などの影響を受け、6月30日の上海・深セン両市場は上下に振れながら下落した。

 上海総合指数は終値2398.37ポイントで1.18%下落、深セン成分指数は9386.94ポイントで1.28%下落した。

 上海総合指数は2500ポイント、2400ポイントを続けて割り、A株市場は惨めな状態で上半期を終えた。上海総合指数を代表とするA株市場の上半期の下げ幅は世界主要株価指数で最大となった。統計によると、上海総合指数は今年に入り26.82%下落、深セン成分指数は31.48%下落した。中小企業ボードは弱気相場に強く、上半期の中小企業ボード指数は10.03%の下落に止まった。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年7月1日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古