2010年7月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:08 Jul 02 2010

中小企業はアジア太平洋経済発展の重要な力

 1日に行われた「第3回APEC中小企業・世界500強企業フォーチュン・フォーラム」に出席した商務部の仇鴻部長助理は、「APECは長期にわたり、貿易・投資の自由化と便利化推進を通じて、当該地域の中小企業のために良好な発展環境を作り出してきた。中小企業はアジア太平洋地域の経済発展、技術イノベーション、就業拡大に向けた重要な力だ」と指摘した。国際金融報が伝えた。

 世界的な金融危機が発生して以来、世界の需要は急激に縮小し、融資が困難になり、中小企業の多くが苦境に陥った。

 APECは08年、中小企業発展計画の中で、イノベーションの促進、金融サポートの強化、ビジネス環境の改善を優先分野として協力を展開していくことを提唱した。APECはさらに09年、中小企業ができるだけ早く活力を回復し、苦境から脱出できるよう、中小企業の国際市場進出と融資獲得をサポートしていくことを提起した。

 仇氏は、「現在中国には中小企業が5千万社ほどあり、その経済総量は全体の60%、税収は50%、就業ポストは80%を占めている。中小企業は中国において、社会的財産を生み出す主体であるとともに就業の主力であり、経済社会と調和のとれた発展の推進に向け、不可欠な力となっている」と述べる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年7月2日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古