2010年7月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:07 Jul 12 2010

小月の万博レポートシリーズ:インドネシア館

【特別企画】小月の万博レポート 日本語版
【特別企画】小月の万博レポート 中国語版



 東南アジアエリア最大のパビリオンがインドネシア館で、建物全体に竹が使われている。天井を見上げると竹が敷き詰められ、床にも竹が使われている。そのためか、館内に入るとひんやりと涼しい。これも常夏の国ならではといえるだろう。中央には、高さ17メートルの滝がある。その傍の高い壁にはインドネシアの300以上の民族を象徴する独特なお面が展示されている。木彫りのお面には豊富な色彩と、シンプルな彫刻が施してある。

 入り口のステージでは、インドネシア独特の楽器演奏をバックに、民族衣装に身を包んだ少女たちがバリ島の舞踊を披露している。インドネシア館では美しい自然や人々の生活のほかに、インドネシアの海洋生物や文化遺産を様々な形で紹介している。(人民網日本語版記者 小月)

  >>文章の中国語版

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古